離婚・男女問題 に関する様々なトラブルは
新橋駅から徒歩5分、法律事務所エイチームへ。

Example Cases

解決事例

妻からの離婚請求に対し、養育費や財産分与にて有利な条件(慰謝料減額)で解決した事例 | 40代 男性

財産・貯蓄

共有名義マンション

相談の背景

妻から離婚調停を申し立てられた男性の方からのご相談で、養育費の金額と財産分与の内容について争いがあるとのことでした。

枠線
枠線

弁護士による対応と解決方法

調停では、離婚すること自体については合意できたものの、養育費や財産分与といったその他の条件面で折り合いがつかずに不調に終わり、その後、裁判へと移行しました。裁判では、相手方(妻)が夫婦共有名義となっていたマンションを売却し、売却益の半額を取得したいと主張しました。しかし、本件では、夫が結婚前に貯めていた貯蓄を使って、マンションの購入費用のほとんどを支払っていたことから、その旨を説得的に主張し、売却益の8割を夫が取得するという内容で合意がまとまりました。

また、養育費については、当時相手方(妻)が無職であったことから、多額の養育費を請求されていました。しかし、この点についても、妻には働ける能力が十分にあったことから、そのことを主張し、妻が働くことを前提にした合理的な金額の養育費を支払うことで合意がまとまりました。

枠線
枠線

担当弁護士からひとこと

離婚すること自体に合意ができていても、財産分与や親権・養育費・面会交流等の条件面について折り合いが合わず、当事者だけでは話し合いが進まない・なかなか離婚ができないというケースは多々あります。この事案もそのようなケースでしたが、当方の主張の合理性を、裁判官に説得的かつ粘り強く主張した結果、裁判官を味方につけることができ、最終的には和解という形で解決が図れました。

中山 和人弁護士

中山 和人弁護士

法人の方は経営において、個人の方は日常生活において、様々な法律問題や悩みごとに直面することがあると思います。そんな時、何でも気軽にご相談ください。ご依頼いただいた方の正当な権利・利益を守るために精一杯努力させていただきます。

\ まずは無料で気軽に話してみませんか? /

電話アイコン

無料相談受付中!

03-6257-1993

(※0800から始まる番号は事務所へ転送されますが、
通話料金は通常と変わりませんのでご安心ください。)

事務所は新橋駅から徒歩5分。
詳しい所在地は こちらをクリック!

事務所は新橋駅から徒歩5分。
詳しい所在地は こちら